So-net無料ブログ作成
検索選択

SuperFlyでの肌マテリアル設定 [poser]

Poser11のSuperFlyレンダをしてみて驚いたのは、
キャラの肌がなんというか、黒ずんでしまったり、反射しまくっていたり、目が光ってたりと
以前(fireFlyレンダ)とまったく違ったものになってしまったことでした。

そこで市販されているキャラデータのSuperFly用の肌マテリアル試してみたのですが、見てみると
妙に複雑だったり、ただPhysicalSurfaceのノードに接続しているだけだったり、従来のFireFlyのノードのまま
SuperFlyにチェックが入ってるだけでレンダリングしてもなんだかカサカサな肌だったり、
石膏みたいに堅そうな感じのものが多く、望んだようなイメージにはならなかった。

調べてみるとレンダロなどのフォーラムでSuperFlyの肌マテリアルの意見交換がなされていて、
参考画像のなかには他のレンダリングソフトでレンダしたのではないかと思えるような出来栄えの物も。
ただ残念ながら、肌のマテリアル設定を公開している例はあまりなかったので、
情報集めつつ構築してみたのが今回のマテリアル(仕組みについてはなんとなくでしか理解していないw)。
とはいえ大げさなものではなく、よくあるSSS設定の肌マテリアルです。

SuperFlyを使用した絵作る際に使用しているのが下のベースキャラクター(A22)
ライトや背景はPoser11のデフォルトの物を使用(GPUレンダ:20分)。
SuperFly_skin_1.jpg

こちらがこの肌マテリアル設定。
SuperFly_skin.jpg
これを基本にして、唇、舌、口内、歯などはBlinnの数値などを若干変更して使用している。
割とシンプルで制御しやすいマテリアルになったかと(個人的に)。
ただ、このマテリアルをFireFlyで使用する場合は、ScatterのScaleを1.0程度にしないとシリコンぽくなる。
さらにシンプルにするには、若干質感が変わるがDiffuse、Hsv、Scatter、Blender_2を
Subsurface Skinで置き換えてしまってもいい。
(以前は置き換えるとプレビュー上で黒くなることがあったので、このような形になっている)

また、FireFlyのマテリアルのままだと変になってしまう目は下記のようにしている。
lirs(虹彩)、Sclera(白目)、Pupil(黒目)はこんな感じに
SuperFly_eye_2.jpg

目の透明で光を反射する箇所(EyeSurfa、Cormeaなど)
SuperFly_eye_1.jpg

なお、髪(AliさんHr-096)は従来のマテリアルのままでも問題なかったので特に弄っていない。

使用アイテム
・DAZ Victoria4.2、Aiko4
Hr-096(Hair)
Baylee(skin)

これらSuperFly用の肌マテリアルの設定って以外と無いので、
同じように肌マテリアルに悩まれている方の参考になればと思い、肌マテリアルを公開してみました。
これからSuperFlyを使用される皆様の役に立ては幸いです。

タグ:Poser11
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。