So-net無料ブログ作成
検索選択

第6次 富士登山 [日記?]

ということで今回も行ってきました。

まあ、結果から言ってしまうと悪天候のため撤退となりました。

いつものように深夜(1:30)からアタック開始。
この時点で、富士宮五合目の天気は濃霧(視界は10m程度)、
警備員からは「上は風が強いようですので気を付けて」と言われたのだが、まあ好転するだろうと前進。

六合目に到達したところで風が強くなってきて、むむむとなるなるが、さらに前進。
途中、仲間がかぶっていた帽子が風で飛ばされあっという間に視界から消えた。
タオルを巻くように指示して、休憩と取りながら新七合目を目指す。

がここでいつもとは違う光景を目にした。
上から続々と下山者がやってきた。
挨拶をかわしつつ、状況を聞くと風雨が酷くて登頂を断念したと言った。
中には、疲れ切っているのか挨拶すらままならない方も。

僕らは、とにかく新七合目まで行ってみようと進んだ。
この時には、風が強くなり、霧が濃くなったり、うすくなったりして、
下界に見える街の明かりが見えたかと思うとすぐ見えなくなるのを繰り返していた。

まだ開いていない山小屋付近で風をよけながら進むか考えていたが、
他の登山客も進退を悩んでいるようで相談していた。
僕らは、とにかく行程の半分である八合目に行ってみることにした。

元祖七合目を経由して八合目までは、岩場が多くて歩き辛いところがつづく箇所なのだが、
このころ、ますます風が強くなり霧が雨のようになってきて、岩が濡れ滑りやすくなった。
視界は悪い時には2~3m、本来なら徐々に陽が昇り明るくなるはずが、真っ黒のまま。

途中、登山道を見失ったり、強風に煽られたりして体勢を崩したりした。
八合目に到達したとき(5時頃)には、ようやく周りが明るくなったが天候は変わらず。
上も下も霧で真っ白、風も強くこれでは到底登山を楽しめる状況(気温は4~6℃)ではなく、
雨も予想された(振っていなくてもすでにびしょ濡れだったが・・・)ので、下山を決断。

下山中、今度は僕らが、状況を聞かれる立場に(笑)。
登ってくる方々に出会うたびに、あまり芳しくないと説明し、気を付けてと言って別れるのを繰り返した。

水ヶ塚駐車場へ戻って来たとき富士山を見ると、
まあ、見事な笠雲が(笑)
DSCN1080.JPG

その後、すぐに下界にも雨が降ってきたので下山して良かったと思った。
時間も早く、体も冷えたままだったので、近くの温泉施設でのんびりして帰った。



タグ:富士山登山
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。