So-net無料ブログ作成
検索選択

tern link N8がキター [日記?]

このところの運動不足もあり、行動範囲も広げたかったので久しぶりに自転車を買ってみた。

買うぞーっと思い立ったものの、自転車ってママチャリからロードまで色々あり、また価格も様々。
そこで、いくつかの条件で絞った結果、tern社製のlink N8にしました。

tern社は折り畳み自転車メーカーの老舗であるDAHON社から分離独立したアメリカ企業。
link N8は、link D8として出てたモデルを日本人に体格や用途に合わせた日本限定モデル。
(詳しくは公式ブログへ)

普通の折り畳みなら1~2万円代(けどなんか作りが安っぽい)で買えるけど、
どうせならとちょっといい自転車に乗りたかったのと
部屋に持ち込みたかった(屋外だと錆びたり、悪戯されたり盗まれたりするしね)ので、
簡単に折り畳んで運べることを特に重視した。
DAHON社のspeed P8も同じくらいのクラスなのだが、値段と折り畳みのしやすさでこちらに(笑)。

カラーは7種類あって、グレー/イエローを選択(グレーってあまり見かけないし、なんかBf109ぽいのでw)。
ちょっと高い買い物(それでも、この世界だとエントリーモデルらしいw)だったけど、満足。
tern_N8_01.jpg

たまたま、近くの自転車屋でも取り扱っていたので、注文し本日受け取ってきた。
そのまま、近所の川沿いをダーッと流してきたところ、
20インチの小径ながらも、結構軽快でちょっとした坂もなかなかいける、が砂利道はやや怖い。
あと、サドルにクッションがないので長く走ると尻が痛いw。

帰ってきて畳んでみる(30秒程度)と見るとこんな感じに、うちの狭い玄関にうまく収まった。
tern_N8_02.jpg
畳んだ前後のタイヤは、マグネットで固定され、折り畳んだハンドルは本体のストラップで止めることが出来る。
そのため、持ち運びも簡単(だが12kgあるw)。
オプション装備にトロリーラックというのもあるらしいが、必要になったら考えることにしよう。

パーツ類は、ライト以外一通り(ベル、前後反射板、泥除け、スタンド)ついているが、
反射板は店で買ったブラックバーンのライトセット(前後)を付けるついでに置き換えた。
また、ベルはキンキンとただ叩く音しか出さなかったので、響くように調節した。
その他パーツは、これから追加してカスタムしていきたい(このタイプの自転車の楽しみ!)。
ステッカーも貼りたいなぁ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。